IFEZ 紹介

済自由区域(Free Economic Zone)とは

国内他地域とは異なる制度と環境が構築され、外国人投資家による自由な企業・経済活動が認められる地域を意味します。 FEZは、税制優遇、自由な経済活動、質の高い行政サービス、便利な生活環境が構築された国際企業都市です。

New

仁川経済自由区域(IFEZ)は、政府レベルで取り組んでいる北東アジア経済中心実現戦略の中核となる地域として、 2003年8月韓国で初めて仁川国際空港と港湾を含む松島、永宗、青羅地区に計132.9㎢が指定されました。


仁川は、位置的にみると、国土開発と経済∙産業発展の軸である西海岸の出発点となる地域として、2千3百万人の背後市場が形成されているソウルを含む首都圏の入口にあります。仁川経済自由区域は、仁川都心から8km、ソウル中心部から50km離れたうえ、仁川港と隣接し、首都圏の主な大都市から60~90分でアクセスが可能です。

 

位置

  • 仁川広域市延寿区(松島地区)、中区(永宗地区)、西区(青羅地区)一帯

  • ソウルと隣接した西海岸に位置している。

  • 中国と日本を繋ぐ中心地域として、北朝鮮への進出t拠点となる。

 

面積

  • 計132.9㎢

  • - 松島地区(53.4㎢)、永宗地区(61.7㎢)、青羅地区(17.8㎢)

 

アクセス

  • ソウル中心部から約50㎞の距離。

  • 水原、安養、光明、富川など首都圏の主な大都市から1時間以内でアクセスが可能。

  • 中国と日本を繋ぐ中心地域として、中心部から1~2時間以内でアクセス可能。

 

背後市場

  • 仁川市人口:290万人

  • ソウル及び首都圏の地域2千3百人の人口保有(韓国全国の48%)

  • 対外的には、飛行時間3時間以内の地域に人口1百万人以上の147都市があり、総二十億人余りの大規模な消費市場が形成されている

 

about_IFEZ